女性情報ステーション

第3回「科学技術系専門職の男女共同参画実態調査」
平成24年11〜12月に実施された「第3回科学技術系専門職の男女共同参画実態調査」の成果について、男女共同参画学協会連絡会がとりまとめたもの。16,000名以上の回答者に基づく、科学技術系専門職分野での女性の参画状況等に関するアンケート調査が実施された。過去2回のアンケート結果と比較ができるよう「男女差」や「正規雇用・非正規雇用」に関する項目など、調査項目の大きな変更はないが、近年クローズアップされている「介護」についての問題など、新たな項目も追加されている。(男女共同参画学協会連絡会内のページ)
平成19年度「科学技術系専門職における男女共同参画実態の大規模調査」
男女共同参画学協会連絡会が、平成19年度文部科学省委託事業をとりまとめた報告書が掲載されている。14,000件以上の回答をもとに、仕事と家庭、子育て、役職等の男女差、自由記述など100項目近くの項目について、分析がされている。(男女共同参画学協会連絡会内のページ)
性、学校の種類別在学者数及び女性の割合の推移
1955年から年度ごとの、幼稚園、小・中・高等学校、大学等の学校別の在学者数と女性の割合がエクセルデータで提供されている。「女性と男性に関する統計データベース」の「教育・学習」分野では、他にも、大学の専攻分野別の男女比や社会教育施設に関するデータ等が提供されている。(国立女性教育会館内のページ)
統計情報
文部科学省が提供する統計データが一覧できる。教育・学校に関する統計が豊富である。

1 / 1