女性情報ステーション

若年女性無業者・生活状況調査報告書
若い世代のニート、フリーターなど不就労の問題のなかで明らかにされていない女性たちの現状について的確に把握し、男女共同参画センターでシングルの若い女性を対象とした実効性のある就労支援プログラムをつくるために検討会を立ち上げ、アンケート調査等を実施した報告書。調査期間は、2008年10月〜11月。調査の対象は、15歳以上35歳未満の、学校や職場に属していないシングル女性(母子家庭の母を除く)。財団法人横浜市男女共同参画推進協議会が2009年4月に公開。
平成22年度「経済的自立につながる女性の課題解決型地域活動に関する調査研究」報告書
平成22年度「経済的自立につながる女性の課題解決型地域活動に関する調査研究」の報告書。地域の課題解決のための活動に参加する女性の経済的自立についての現状と課題を分析・検討することを目的とした調査研究の結果をまとめている。(国立女性教育会館ページ)
ジェンダー不平等指数(GII)
国連開発計画(UNDP)による「人間開発報告書」で発表された、男女の不平等指数。男女格差の程度や影響を客観的に測ることで人間開発の進歩を促進するよう意図されている。2010年の日本の指数は、138ヶ国中12位。
地域における相談ニーズに関する調査
地域における相談ニーズを把握するため、内閣府男女共同参画局により行われた、相談者と相談支援者の双方を対象とした調査結果。WEB調査では回答者の家族構成・悩み・解決方法のほか、男女共同参画センターの認知度や利用状況、利用したい機能について質問。支援者調査では相談支援の実情等を質問。グループインタビュー調査では、同じ悩みをもつグループで話し合う人たちに、相談窓口に相談しづらい理由等を質問。回答は各々PDF形式で閲覧可能。
男女共同参画センターの現状に関する調査
全国の男女共同参画センター等の利用促進を図るため、内閣府男女共同参画局により行われた調査結果。全国のセンター等で実施している各種事業、サービス、職員の人材育成に関する実情をデータにまとめている。また「事例集」ではセンター運営・事業等の先進的好事例を掲載。PDF形式閲覧可。

 ←前へ   2 / 5  次へ→